買って繋がるふじのくに facebook Instagram

買って繋がるふじのくに

ナビゲーション表示
  • バイ・シズオカとは
  • 農産品
  • 水産品
  • 地場産品
  • 伝統工芸品
  • 観光
  • 他県との連携
バイ・シズオカとは 農産品 水産品 地場産品 伝統工芸品 観光 他県との連携
ホーム > バイ・シズオカとは

バイ・シズオカとは

1 要 旨

感染症防止対策と社会経済活動の両立を図るためには、GDPの5割以上を占める個人消費の動向が鍵となります。このため、県民の皆様が積極的に県産品の購入や県内施設を利用する「バイ・シズオカ」の取組を、3密に配慮した「非接触・遠隔型」の取組から段階的に推進することにより、着実に県内経済の回復を図っていきます。 また、富士山を共有する山梨県と協働した「バイ・ふじのくに」により、域内の財やサービスの消費拡大を目指します。


【基本的な考え方】

  • アフターコロナを見据え、「3密」に配慮した「非接触・遠隔型」の取組を中心に、県民が積極的に県産品の購入や県内施設を利用する、新しい生活様式の一つとして 「バイ・シズオカ」を県民運動として展開していく。一過性ではない永続的な取組に位置付け、県民の行動変容を促す。
  • 現下の厳しい状況を県民の共助で乗り越える社会システムの構築を目指す。
  • 域内消費を活性化し、地域経済の循環を促すことで、モノの長距離輸送を減らし、 地球環境の保護にも貢献する。

バイ・シズオカとは


2 主な事業

  1. 永続的な県民運動の展開
    ロゴマークの策定、PRサイトの設置、市町・関係団体・生産者・事業者との連携等
  2. 「非接触・遠隔型」による県産品の販売促進
    通販サイト(EC)を活用した販路拡大
  3. 3密に配慮した、スーパー等での県産品の販売促進
    地元スーパー等での地産地消コーナーの新設・拡充
  4. 新型コロナを契機とした新商品の開発・販売の促進
    地場産品を活用した新商品の販売促進等
  5. 県内宿泊施設等の利用促進
  6. 山梨県との連携「バイ・ふじのくに」

「バイ・シズオカ」ロゴマーク

バイシズオカロゴマーク

 「バイ・シズオカ」の運動を県民の皆様に広く知っていただくため、ロゴマークを作成しました。 ロゴマークは、富士山の下で県民が支えあって元気になるイメージで、英語の部分は買う「BUY」と寄り添う「BY」のどちらにも読めるようにデザインしました。

「バイ・シズオカ」の趣旨に賛同し、取組に御協力いただける事業者や団体の皆様は、ぜひ店頭やウエブサイトなどでのロゴマークの活用をお願いします。


ロゴマークの使用を希望される方は、取扱要領に基づき静岡県マーケティング課まで使用申請書を御提出(郵送または持参)ください。

【使用申請書の提出先】

静岡県庁経済産業部産業革新局マーケティング課東館7階
〒420-8601静岡市葵区追手町9-6

「バイ・シズオカ」に取り組む皆様をご紹介します。


民間企業

静岡エール飯
ふじのくにうまい飯「TAXI(タク)配」プロジェクト
株式会社杏林堂薬局
富士山便 ふれモグ
増田採種場
JAF
静岡ガス親子クッキングコンテスト
(株)丸紅運営サイト 大井川物産店
宝と蛍
エンチョー
ららポート磐田
コジマ
スルガ銀行
マックスバリュ東海
ららぽーと沼津
ビバレッジファーム
森下木工所
FDA ONLINE SHOP
しずパレ
SHIZUOKAPASSPORT

市町・関係団体

しずおか「手しお屋」(JA静岡経済連)
藤の恵(藤枝市産業政策課)
テイクアウトdeステイホーム(沼津市産業振興部観光戦略課)
小山町商工会
袋井応援プロジェクト
「緊急在庫処分応援ネット」沼津商工会議所HP
沼津ブランドHP
島田市役所商工課
島田市商工会議所
藤枝セレクション
浜松市商工会議所
浜松市観光プロモーション
富士山世界遺産センター
牧之原市商工振興課
フーズ・ヘルスケア
遠州織物(地域産業課)
静岡こだわりの逸品ガイド(県産品愛用運動推進協議会)
美しい伊豆創造センター
県立中央図書館
静岡県商工会連合会
静岡水わさびの伝統栽培ホームページ
焼津エール飯
焼津おとりよせサイト
焼津商工会議所(水産ブランド)
熱海商工会議所
富士商工会議所
JA御殿場
御殿場観光協会
テイクアウトふじのみや
福産品WEBカタログ
ふじのくにCOOLチャレンジ